【続報】平成31年度に募集される補助金

平成31年度も「小規模事業者持続化補助金」の募集は、ありそうですね。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
8月31日(金)に、経済産業省来年度予算の「概算要求」が公表されました。
 

平成30年度予算案と平成31年度概算要求案を比較し、「平成31年度に募集される補助金」について
予想しました。

平成31年度概算要求案で、明確に記載されている補助金については、
【募集される補助金】として、
明確には記載されていないが、平成30年度の同様の予算を要求している事業の補助金については、
【募集される可能性が高い補助金】として、
平成30年度の予算案で計上されていたが、平成31年度概算要求案では要求されていない事業や、
平成29年度補正予算に計上されていて、平成31年度概算要求案で要求されていない補助金については、
【募集されるかどうか不明の補助金】として、
それぞれ解説しています。

今年度の補正予算案で、新たに募集する可能性もないとは言い切れませんので、
この分析内容が100%正しいとは言いかねますが、現時点での分析内容をお伝えさせていただきます。

【募集される補助金】 1.ものづくり・商業・サービス経営力向上補助金 「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」として、100億円要求しています。 今年は、平成29年度の補正予算で、1,000億円計上していましたが、 予算規模が10分の1となってしまいました。 ただ、平成30年度の補正予算で、上乗せがあるかもしれませんので、一概には言えません。 それが無い場合、来年の「ものづくり・商業・サービス経営力向上補助金」は、 狭き門になる可能性が高いです。 (参考)今年の「ものづくり・商業・サービス経営力向上補助金」サイト https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_2koubo20180803.html 2.自治体連携型持続化補助金 「地方公共団体による小規模事業者支援推進事業」として、新たに10億円の予算を要求しています。 昨年は、「小規模事業対策支援推進事業」で「小規模事業者持続化補助金」の募集を行うことを 明記していました。 その後、平成29年度補正予算において、「小規模事業者支援パッケージ事業」で120億円確保し、 実施されました。 平成31年度は、「自治体連携型持続化補助金」ということで、運営方法が少し変わるかもしれません。 今までは、日本商工会議所に申込みをすることになっていましたが、 来年は、各都道府県に事務局ができるのではないかと予想されます。 地元に貢献出来る事業計画の作成が必要になるかもしれません。 (参考)今年の「小規模事業者持続化補助金」サイト http://h29.jizokukahojokin.info/ 3.事業承継補助金 平成29年度補正予算にて、「事業承継・世代交代集中支援事業」50億円の予算がつきました。 平成31年度も、同じ「事業承継・世代交代集中支援事業」で45億円の予算を要求しています。 今年募集された「事業承継補助金」と、同じような内容になる可能性は高いです。 (参考)今年の「事業承継補助金」サイト https://www.shokei-29hosei.jp/ 【募集される可能性の高い補助金】 1.ふるさと名物応援事業補助金 平成30年度は「ふるさと名物応援事業」として、16億円の予算が計上されていました。 31年度概算要求案では、「国内・海外販路開拓強化支援事業」に統合され、 「地域産業資源活用・農商工等連携事業」として名前を変えて募集されています。 (参考)今年の「ふるさと名物応援事業」詳細 http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2018/pr/ip/chuki_16.pdf 【募集されるかどうか不明の補助金】 1.海外展開戦略支援事業補助金 平成30年度では「中小企業・小規模事業者海外展開戦略事業」にて、20億円の予算を確保していました。 平成31年度の概算要求においては、事業名が「国内外販路開拓強化支援事業」と名を変え、 27億円要求していますが、「海外展開戦略策定支援」が無くなっています。 来年は募集されないかもしれません。 (参考)今年の「海外展開戦略支援事業補助金」サイト http://www.smrj.go.jp/sme/overseas/strategy/index.html 2.創業補助金 平成30年度では「地域創業活性化支援事業」にて、6億円の予算を確保していました。 平成31年度の概算要求においては、事業名が「地域創業機運醸成事業」と名を変え、 5億円要求しています。 しかし、平成31年度のPR資料には「地域創造的起業補助金」の記載がありませんでした。 なくなる可能性が高いのではないかと予想します。 (参考)今年の「地域創造的起業補助金」サイト http://www.cs-kigyou.jp/ 以下の補助金については、平成30年度予算には計上されていませんでしたが、 平成29年度補正予算で計上されていた補助金です。 全て、平成31年度概算要求において、要求されていませんでした。 平成30年度補正予算において、計上される可能性が高いのではないかと、個人的に思っています。 12月ぐらいに、平成30年度補正委予算案が公表されると思いますので、 そのときに計上されていないのであれば、 なくなる補助金になると思います。 3.IT導入補助金 (参考)今年の「IT導入補助金」サイト https://www.it-hojo.jp/ 4.経営改善計画策定支援補助金 (参考)「経営改善計画策定支援事業」詳細 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/kaizen/index.htm 5.早期経営改善計画策定支援補助金 (参考)「早期経営改善計画策定支援事業」詳細 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2017/170510kaizen.htm 6.省エネルギー投資促進に向けた支援補助金 (参考)今年の「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」サイト https://sii.or.jp/cutback30/overview.html
以上が、来年度もしくは本年度の補正予算に関する補助金の予想です。 12月になると、正式な予算案が公表されますので、そこで、答え合わせをしたいと思います。 あくまでも、ヒガシカワの独断による予想ですので、間違うこともあります。 あらかじめご了承願います。 また、各補助金の詳しい内容につきましては、経済産業省の 「平成31年度経済産業政策の重点、概算要求・税制改正要望についてhttp://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2019/index.html のページで「平成31年度概算要求のPR資料」が公表され次第、お伝えさせていただきますので、 もうしばらくお待ちください。
来年募集される補助金情報を今から伝えて、準備するようにアドバイスすれば、 クライアントが準備できる期間は、通常よりも長くとることができます。 補助金が募集されてから、あわてて準備をしても、泥縄的なものになってしまい、 採択される確率は下がります。 万全を期しての補助金申請をサポートすることで、採択される確率を高くすることができます。 そんな、来年度の補助金に関する詳しい情報についてのヒントが手に入ります。 ●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー   (東京) 9月7日(金)、25日(火)、26日(水)、27日(木)、10月8日(月)、9日(火)   (大阪) 9月10日(月)、11日(火)、20日(木)、24日(月)、10月11日(木)、12日(金)   ※10月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

平成31年度に募集される補助金 詳細(1)        【事業承継補助金】

今年の募集内容を押さえておけば、来年募集される補助金対策がで...

補助金サポート業務を行う際に知っておいてもらいたい話

もうすぐ、来年の補助金情報が手に入りますね。 こんにち...