「ものづくり補助金」「小規模事業者持続化補助金」の二次募集はあるのか?

採択件数を見てみると、両補助金の二次募集があるかないかは、微妙なところですね。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
3月17日に、「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」と「小規模事業者持続化補助金」の
採択事業者が決定しました。

「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」は、15,547件について審査が行われ、
6,157件採択されました。
「小規模事業者持続化補助金」の採択件数は、商工会受付分が8,503件、商工会議所受付分が
6,201件の合計14,704件でした(審査件数につきましては、現在調査中です)。

「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の採択率は39.6%と、
思ったより高かったですね。
昨年の申請件数が24,011件(採択率32%)だったので、申請件数が減った分だけ、
採択率が上がったようですね。

採択者が発表されたばかりなのですが、気になるのは、
「二次募集はあるのかどうか?」
ですよね。

私の予想では(これは、完全に私の独自予想なので、当たってどうかは全く保証できません)、
革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金の二次募集は、「可能性あり」、
小規模事業者持続化補助金の二次募集についても「可能性あり」だと思います。

「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の予算は、1,001億円。
採択件数1件あたり1,000万円の補助金を使ったとしても(今までの平均支給額は、700万円~1,000万円)、
予算消化額は、616億円弱となります。
まだ、400億円弱、予算が余ることになります。
そこから考えると、二次募集はあり得るのではないかと予想します。

同様に、「小規模事業者持続化補助金」の予算は120億円。
採択件数1件あたり50万円の補助金を使ったとしても、予算消化額は、74億円弱となります。
こちらもまだ、45億円強の予算が残ります。

この算定は、事務局の費用は考慮していませんので、予算としては、これより少なくなると思いますが、
それでも、もう一度募集するには十分の予算が残っているような気がします。

まあ、これはかなり希望的観測になっていますが、今回の補助金で採択されなかった事業者に
つきましては、リベンジの場があるかもしれませんので、
「今回、何故、採択されなかったのか?」
について、検証されることをお勧めします。

また、通常、補助金に関しては、5年を経過した時点で、廃止を含めた、大幅な見直しがあります。
「ものづくり補助金」と「創業補助金」に関しては、今年で5年目になりますので、
来年の募集があるかどうか微妙な状況です。
「小規模事業者持続化補助金」は、今年で4年目なので、もしかして来年度も募集されるかもしれません。


※なお、重ねて申し上げますが、この予想は完全に私の独自予想ですので、結果に責任は持てません。
 あらかじめご了承願います。


補助金に関する情報提供→申請のサポート→補助事業計画のフォローアップ、というプロセスを
経ることができれば、最終的には、顧問契約を獲得することは難しくありません。
しかし、そこには、顧問契約に到るためのしくみを作る必要があります。

そんな補助金のサポートで顧問先を獲得するしくみを作るためのヒントが手に入ります。


●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
http://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 4月4日(火)、5日(水)、13日(木)、14日(金)、15日(土)、5月9日(火)
  
(大阪) 3月23日(木)、24日(金)、4月6日(木)、7日(金)、21日(金)、22日(土)
 
※5月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください



関連記事

これを忘れたら採択されない。補助金申請7つのポイント

締め切りは1週間後。最終チェックを忘れずに こんにちは...

質問「小規模事業者持続化補助金、新規性がない補助事業の申請を頼まれたら?」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さ...