書籍一覧


2010年刊行のロングセラー、待望の最新版

最新版 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法
士業、コンサルタントなど「知識を売る仕事」の人におすすめしたい、全国各地にある商工会議所での講師。商工会議所からよばれる講師になることで、見込み客と理想的な出会いをしましょう。商工会議所から講師としてよばれるための具体的方法が書かれてあるのは、この本だけです。


金はない! 顧客はいない! そのときどうする!?

お客は銀行からもらえ!
税理士、公認会計士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士、弁護士…
「士業」と呼ばれる人たちを一例にして、新しい営業スタイルを伝授する指南書。

IT化・AI化、また経済停滞などによって、「士業」の仕事=稼ぎは年々減ってきています。
しかし『銀行』と良好な関係を築けば、新たな顧客を獲得できるのです。

士業自身だけでなく、
クライアントである中小企業の社長、
そして銀行(信金、信組)の三者が幸せになれる道へ、
元金融機関職員としての知見を総動員し、ていねいに導きます。

今あなたがヒマなのは、やるべきことを知らないから!

士業のための「生き残り」経営術
苦労して資格を取って独立しても、それだけではなかなか生活していけないこの時代。

士業が独立し、生き残っていくには何をすればいいのか?

営業ベタでも“すんなり”できる人間関係の築き方

依頼の絶えないコンサル・士業の仕事につながる人脈術
仕事の実力はあるのに、いつも一度きりの名刺交換で終わっていませんか?

コンサル・士業といった「知識を売る職業」で仕事を獲得するためには、
リアルに何度も会うことが必要です。
しかし異業種交流会等に出かけていっても、一度の名刺交換で終わってしまう……。
なぜなら、「次に会う理由」がないから……。

そんな状況を打ち破るために、
すぐに実行できるノウハウを詰め込んだのが本書です。

どんなに太い人脈も、はじめは「たった一度の名刺交換」。
それを仕事につながる人脈にするかどうかは、あなた次第なのです。

商工会・商工会議所を中心に年間150回以上のセミナー・研修・講演を行う東川仁が執筆した本

90日で商工会議所からよばれる講師になる方法
セミナー講師向けの本は数多く出版されています。この1年で発売されたセミナー講師関連書籍は、著者が調べただけでも8冊ほどありました。たしかに、どの本にも「講師としての心構え」や「話すネタの作り方」「スキルアップのしかた」など、「セミナー講師になるための方法」は詳しく書かれています。しかし…。


小さな会社でも景気が悪くても借りたい時に“がっちり”借りられる

銀行融資を 3 倍引き出す!小さな会社のアピール力
とても多くの経営者が「銀行からの融資額を増やすのは、そう簡単に実現しない。」
と思い込んでいます。しかし、ちょっとした努力さえ惜しまなければ、
資額を 3 倍に増やすことは簡単にできるのです。

実際、私が支援させていただいた企業で、融資額を3 倍以上に増やした例はいくつもあります。

普通預金の取引しかなかった信用金庫で、いきなり 3000 万円の融資取引がはじまった建設業者、
1000 万円から 3000 万円に融資額がアップしたインターネット広告代理店、
3000 万円から 1 億円に融資額が増えたプラスチックメーカーなど、
どの企業も融資額を 3 倍以上に伸ばしているのです。

いずれも、私が本書でお伝えする「アピール法」を実践したことで、
直接融資を受けられるようになり、融資額をいとも簡単に 3 倍以上に増やすことができました。
融資とは、皆さんが主体的に取りにいけるものです。
金融機関によって一方的に決められてしまうものではないのです。
では、金融機関に対していったい何をアピールするのか?