赤字決算で債務超過の中小企業はどれだけ借りることができるか?

クイズです。
年商3000万円のサービス業で、前期の決算が赤字。
なおかつ債務超過状態の中小企業は、どれくらい金融機関から借りることができるでしょうか?

弊社が行っている「融資に強い税理士になる方法」というセミナーでよくする質問です。
この質問を税理士さんにぶつけると、多くの方が、
「貸してくれない」
「貸してくれても500万円ぐらい」
と答えます。

これだけの情報で正しい結論はなかなかでないのですが、この会社、実は2,000万円借りることができています。

「債務超過や赤字決算なら融資NG」というルールはない

多くの方が勘違いされているのですが、債務超過だからお金を借りられないとか、
 赤字決算だから融資をしてもらえないというルールはありません。

ただ、都市銀行や大手の地方銀行さんが、
規模の小さい、業績のよくない中小・零細企業に対して融資を断るために、
「赤字決算だからダメ」
「債務超過だから貸せない」
と言っているだけなのです。

都市銀行クラスになると、年商50億円以下の中小企業には、あまり力は入れません。
50億円貸すのも500万円貸すのも、手間は一緒なんですね。
規模の小さいところを相手にしても効率が悪いので、
そういうところには、あまり力を入れようとはしません。
だから融資を断るために「赤字決算ダメ。債務超過ダメ」って言います。

でも信用金庫とか信用組合とかの「地域密着型金融機関」がそんなことを言えば、
融資する先がなくなってしまいます。
赤字決算であろうが、債務超過であろうが、
貸さなければならないと思うところに対しては、いろいろ工夫をして貸しています。

だから、内容があまりよくない中小・零細企業でも、きちんとしたまじめなつき合い方をし、
出すべき資料を積極的に出して、ちゃんと交渉すべき相手に交渉すれば、お金を借りることなんて、
そんなに難しくありません。

まず、
「赤字決算や債務超過では、融資を受けることができない」
という固定観念を取り払うことから始まります。

融資や銀行づきあいに関するある程度のノウハウや知識さえ持っていれば、
金融機関からお金を借りるというのは、そんなに難しいことではありません。

リスケ中は追加融資NG」というルールもない

リスケ(返済額減額)をしていても、
少し条件はあるにしても、絶対に借りられないというわけではありません。
資料の作り方一つでリスケ先でも融資を受けることが出来た例は、いくらでもあります。

絶対NGなのは「つき合うべきでない金融機関とつき合うこと」

年商5億にも満たない中小企業が、都市銀行や大手地方銀行と取引したとしても、
相手に大事にしてくれません。
会社の内容がいいときは安い金利で貸してくれこともあるかもしれませんが、
業績が急に悪くなったときには、すぐに変わり身します。
なぜなら、都市銀行や大手地方銀行の担当者は、
顧客の人生より自分の成績のほうが大事、と思っている人が少なくないからです。

一人もしくは少数で事務所経営している士業が、
顧客としておつきあいしているクライアントの年商はどれぐらいでしょう?

年商50億円以上の会社が取引先にたくさんあるという士業なら、
都市銀行とおつき合いしたら、お互いメリットはあるかもしれません。
でも、そんなクライアントってなかなかありませんよね。

年商10億円以上の企業も、1人で切り盛りしている士業やFPでしたら、ほとんどつきあいがありません。
多くのクライアントは、年商1億以下ばかりだと思います。
そういった中小・零細企業は、都市銀行とつき合ってもうまくいきません。

信用金庫、信用組合、第二地方銀行などの、
地域密着型金融機関に貸してもらおう

そういうところを親身になって応援してくれるのは、
信用金庫、信用組合、第二地方銀行といった地域密着型金融機関なんですね。

そういった金融機関と密接なつき合い方をしなければいけないのに、
その密接なつき合い方を知らないがゆえに、近くの大きい金融機関と取引をしてしまう。
その結果、ミスマッチが起こってしまっているというわけなのです。

でもそのあたりの基本的なことを知っていれば、
身の丈に合った金融機関とつき合うことができますし、かつ、深い関係を作ることができるのです。

地域密着型金融機関との関係づくりサポートをすれば、
経営者から信頼してもらえる

「今までは、間違った金融機関とつき合っていた。
正しい金融機関とつき合いたいけれど、どうやって取引をはじめればいいのかわからない」
という経営者は少なくありません。

そういった経営者に対して「新たな金融機関を開拓するためのお手伝い」ができる士業やFPは、
その経営者からの信頼度がとても高くなります。

新たな金融機関を開拓するために有効なアプローチ方法は確かにあります。
金融機関へのアプローチ方法や、関係の深め方のアドバイスができる専門家になれば、
見込み客へのアプローチもしやすくなります。

そんな知識やノウハウを得られるのがこれらのセミナーが、こちらです。
東京・大阪で開催し、日時も複数ご用意しているので、ご都合のいい回をお選びください。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー


関連記事

後継者個人による株式購入費用も借りられるようになります【信用保証制度の見直しについて(3)】

厳しいことばかりではありません。拡充される支援策や、創設され...

「要注意先」でも、資金調達は可能になる!【信用保証制度の見直しについて(2)】

将来性・成長可能性を伝えることができれば、格付けが低くても借...